ライフ&マネープランニングに重要なのはこんな点♪

退職時の貯蓄は、家庭で 3000 万円・単身で 2000 万円、賃貸暮らしであれば 1000 万円の貯蓄を目指しましょう。

皆さん、貯蓄がんばっていますか?ファイナンシャルプランニングを受けたいとご希望になる方には、「計画しているつもりだが、これでいいのかプロに同意を求めたい」、「色んな話を聞いて、どれが本当に自分にあうのか分からない」、「細かい数字や計画は苦手」という3つのタイプがあるように思います。

先日のご相談者さまとのやり取り。

「来年の 3 月に退職します。今の貯金は 150 万円ですが、退職金は 1500 万円です。 なんとかなりますか?」

皆さんはどう思いますか?

「現在のご自宅はマイホームですか?奥さまとご主人の年金額はどのくらいですか?奥さまのご年齢は?現在の生活費はどのくらいですか?お子さまはいらっしゃいますか?ご両親は健在ですか?ご両親からの相続は?介護の負担はありますか?雇用継続は選択できますか?働く選択肢はありますか?」

これからについて伺っていきます。

「なるほど。そう考えて実行していけばよいのですね」と終了後は、計画と対策を進められることとなりました。

CHECK!『なぜ、こんな質問をするのか?』ライフ&マネープランニングに重要なのはこんな点♪

□ マイホーム⇒所有⇒ローン返済が続くのかどうか?年金額から生活費&ローン支払いは難しい場合が多い。

□ 年金受取額と生活費のバランスは?⇒赤字が続く想定の家計は、予想以上に貯蓄減が早い。

□ 奥さまとの年齢差は?⇒女性の寿命は男性より+6・7歳。この期間を過ごしきることが出来そうか?

□ お子さま⇒なし⇒介護の負担をお願いできるか?経済支援の必要は?経済援助を求められるか?

□ ご両親⇒健在⇒相続、介護等の状況は?経済的な相続が期待できるか?

□ 相続⇒期待できない⇒ご両親の経済力は?最終的に自身の経済力で支える必要がありそうかどうか?

□ ご両親の介護負担⇒なし⇒ご兄弟からの協力は?高齢になった場合に誰が支える?

□ 雇用継続=選択なし⇒環境を変えずに収入を得られるかどうか?

□ 働く⇒無理⇒お金の対策として第一選択『働く』は可能か?

多くの方が、お金の対策に『増やしたい!』を挙げられますが、本当は『ご自身の状況や希望』を整理することが一番最初に行う作業なのです。

ファイナンシャルプランナーは、『あなたに代わってお金の対策を取る専門家』。

常に、『お金の話』だけでなく、目の前のお客さまが笑顔で暮らせるライフ&マネープランニングを目指して活動しています。

信頼できるアドバイザーを早めに探しておきましょう。

投稿者プロフィール

まちの専門家グループ
まちの専門家グループ株式会社ラックコンサルタント
経験豊富なアドバイザーがお客さま一人一人の専属担当となり、問題解決のために必要となるプロジェクトチームを編成。お客様と専門家をワンストップでつなぎます。独自の専門家ネットワークで、ファイナンシャルプランニング設計をはじめ、複合的なご相談の窓口としてご利用いただけます。

ワンコイン顧問サービス

「法務」と「税務」の専門家をもっと身近に!

毎月、500円投資するだけで、大切な財産のお悩みや充実のライフプラン設計を専属のFP(ファイナンシャルプランナー)に相談し放題!もっと相談したい人は、他にいませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

経験豊富なアドバイザーがお客さま一人一人の専属担当となり、問題解決のために必要となるプロジェクトチームを編成。お客様と専門家をワンストップでつなぎます。独自の専門家ネットワークで、ファイナンシャルプランニング設計をはじめ、複合的なご相談の窓口としてご利用いただけます。