103万円の壁が変わる!? ②配偶者控除の計算方法

配偶者控除の計算方法は次の通りです。

給与収入103万円-65万円(給与所得控除)=38万円(合計所得金額)

すなわち、妻の年収が103万円以下の場合、合計所得金額が38万円以下となり、夫の税金計算上、配偶者控除が適用できます。

では、実際に配偶者控除でいくら所得控除されるのでしょうか?

・一般の控除対象配偶者 38万円
・老人控除対象配偶者 48万円(その年の12月31日現在の年齢が70歳以上)

一般的には配偶者控除は38万円と覚えておけばいいと思います。

ただし、今回の改正ではこの配偶者控除の額が、夫の年収(合計所得金額)によって3区分に細分化され、所得制限が設けられました。

具体的には、次の改正・見直しがされました。

配偶者控除の法改正・見直し

なお、年収が1,220万円を超えると、配偶者控除の適用はできません。

では、103万円を超えてしまった場合、何の控除もないのでしょうか?

意外にもあまり知られていませんが、実は「配偶者特別控除」というものがあります。
これは、103万円を超えた場合でも、徐々に控除額が減額されるものの、一定の所得控除が適用できるものです。

投稿者プロフィール

税理士法人 誠和コンサルティング
税理士法人 誠和コンサルティング
私たちは、お客様のビジネスの成功をサポートします。税務、財務、会計を通じて、お客様の利益実現のためのコンサルティングを行います。そしてお客様が成長、発展をすることで広く社会に貢献し、同時に私たちのスタッフが仕事に生き甲斐を感じ、誇りをもつことを使命としています。

ワンコイン顧問サービス

「法務」と「税務」の専門家をもっと身近に!

毎月、500円投資するだけで、大切な財産のお悩みや充実のライフプラン設計を専属のFP(ファイナンシャルプランナー)に相談し放題!もっと相談したい人は、他にいませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

私たちは、お客様のビジネスの成功をサポートします。税務、財務、会計を通じて、お客様の利益実現のためのコンサルティングを行います。そしてお客様が成長、発展をすることで広く社会に貢献し、同時に私たちのスタッフが仕事に生き甲斐を感じ、誇りをもつことを使命としています。