点数が上がるかチェック【平成30年4月改正】経審の再審査、始まる!

公共工事を行っている経審業者さん必読です!

平成30年4月1日以降に申請する経審から適用される改正についてご案内します。

今回の改正内容は次の通りです。

1.マイナス点がつくことがあり得る
以前は、社会保険に未加入だと、評価項目ではマイナスがつきますが、合算されてマイナスになっても下限ゼロということで、どんなに低くても0点でした。これがマイナスはそのままマイナスになります。理論上は経審の最終点数そのものがマイナスになることもあります。更なる厳格化が改正趣旨です。

2.認められる建設機械が幅広くなる
自家用のみだった大型ダンプ車ですが、主に、建設業の用途に使用して、災害時に使用する営業用の大型ダンプ車も評価対象に追加されます。

3.建設機械は少ない台数ほど加点幅が大きい
以前は1台増えるごとに同じ点数がプラスになっていきました。4月からは、最初の少ない台数には大きめの加点がつき、台数が増えるにつれ加点幅が小さくなります。

4.防災協定締結の有無はもっと評価されるように
これまでは最終のP点換算で+21点程度でした。これが、+28点に。これは大きい!

 

さて、平成30年3月時点で、皆さんがお持ちの経審結果は、改正前の基準で審査された点数です。

ですので、

「もしかして…新しい経審の基準で審査されれば、今より高くなるじゃないの?」ということが起こります。

そこで、

経審の改正に伴って経審点数の変化が見込まれる場合には、再審査することができます。

ちょっと分かりにくいので言い換えると、

経審の改正によって、経審点アップする場合には、前の経審をもう一度受け直すことができます。

こういうことですね。

 

例えばこんなケース。

  • 5月決算の会社です
  • 去年の経審点数が良かったので、今年(平成30年4月)秋の入札参加資格申請には、去年の経審を出そうと思っています
  • 県と防災協定締結している団体に入って、防災活動しています
  • 建設機械を2台持っています

 

この場合、最終的なP点(経審点)で13点くらい上がります。

格付などの関係で点数が高い方が良い会社様であれば、再審査を受けるデメリットがありません。

再審査した方がいいのかイマイチよく分からない、という方は、お願いされている行政書士さんにご相談ください。

再審査した方が良いかどうか、判断してもらいましょう!

 

再審査の申立期間は、平成30年4月1日~平成30年7月29日までのうち、通常の審査日のみとなっています。

期限が限られていますので、ご注意を!

また、経審結果通知を提出することになる各自治体、省庁に対しては、再審査後の結果通知で良いかなど、確認を行ってください。

投稿者プロフィール

行政書士 藤田事務所
行政書士 藤田事務所
横浜市・神奈川県内を中心に、建設業許可はじめ経審及び入札参加資格、産廃業許可、宅建業免許などの、建設業に関係する許認可手続きを専門としております。お客様の利益、そして磐石な体制作りに重きを置き、柔軟な対応をしております。

100年ライフマネジメント

「100年ライフマネジメント」は、お客様の生活の中にある心配事を共に確認し、年代に応じた対策準備のお手伝いをする専属アドバイザー契約です。

月々1000円(税込)で専属アドバイザーには何度でもご相談いただけます。

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市・神奈川県内を中心に、建設業許可はじめ経審及び入札参加資格、産廃業許可、宅建業免許などの、建設業に関係する許認可手続きを専門としております。お客様の利益、そして磐石な体制作りに重きを置き、柔軟な対応をしております。